セルライトについて|様々な美容整形を利用して跡の残らない治療や部分痩せができる

様々な美容整形を利用して跡の残らない治療や部分痩せができる

セルライトについて

女性

脂肪に対して抱える悩みは人によって様々で、太もも痩せしたいという方もいらっしゃれば、お腹の肉を落としたいという方もいらっしゃるでしょう。そういった方々は岡山や全国の美容整形を利用し、脂肪吸引などの治療を受けられます。そういった方々の中には、同時にとある症状について悩みを抱えている場合があるのではないでしょうか。それは、セルライトというものです。セルライトが引き起こされる原因は脂肪にあるといわれており、脂肪吸引を行なうことによるセルライトも改善できるのではないかという期待が岡山や全国で持たれているのです。
では、ここでセルライトについて見ていきましょう。セルライトとは、皮下脂肪の増加により発生する状態です。皮下脂肪が増加すると、脂肪と水分のはたらきにより皮下層が肥大化されます。そうなると、線維芽細胞が皮膚側へと引っ張られてしまうのです。線維芽細胞とは、脂肪細胞を分化するはたらきを持つ細胞のことです。線維芽細胞が引っ張られた状態がセルライトとなっているのです。女性の方が男性よりも皮下脂肪が多いため、セルライトは女性に現れやすい症状であるとされています。
このような仕組みから、セルライトは皮膚の病気ではないとされています。また、脂肪組織そのものの変化によって発生するというものでもありません。岡山や全国で研究された結果、特にセルライトが発生しやすい部分である太ももや二の腕などの部位を構成する脂肪とその他の部位の脂肪とでは、そこに構造上の違いは見られないという見解が出ているようです。
上記の点より、セルライトは皮下脂肪が多くなることで誰にでも発生する可能性があるとみられています。一方、セルライトができやすい体質というものもあるというのが美容整形の観点としてあります。美容整形の観点としては、セルライトの状態とは通常の脂肪が特殊な形に変わってしまい、それが固まっている状態であると考えられています。しかしそれ以外の意見もあり、セルライトについては未知の部分が多いという状況のようです。
そして、気になるのは脂肪吸引がもたらすセルライトへの影響ではないでしょうか。その点については、岡山や全国で様々な見解が述べられています。脂肪吸引によって除去されるのは基本的に真皮から遠い部分の脂肪です。それは術後に皮膚が平らにならない状態を防ぐためですが、セルライトは真皮層に近い部分で発生するという見解があります。そのため、真皮から遠い部分の脂肪を吸引する脂肪吸引では、セルライトを除去する効果はないのではないかといわれているのです。
一方で、脂肪吸引にはセルライトの予防効果があるともいわれています。セルライトは皮下層の増大により発生してしまう症状ですが、脂肪を除去することでセルライトが発生しづらい下地が作られることになると考えられているのです。
脂肪吸引ではセルライトを予防することはできるものの、除去するまでは至らないようです。では、美容整形においてセルライトはどのように対策されるのでしょう。脂肪吸引とは違うセルライト除去の手法がいくつか存在します。まずは、サーマクールという方法です。サーマクールとは、ラジオ波という高周波を皮下層へ送り込み、その作用でコラーゲンの増殖やリフトアップを促すという方法です。基本的に、サーマクールはシワやたるみの除去に用いられる手法ですが、セルライト専用のサーマクールが登場したことにより、セルライト除去に対して多大な影響を与えたのです。
もう一点挙げられるセルライト治療法は、ダーマローラーです。ダーマローラーとは、極細の針がついているローラーで皮膚に穴を開けることでコラーゲン生成を促す治療法です。この治療法は、自然治癒能力を活かした方法となっています。ダーマローラーはニキビ跡などに対する治療法として活用されてきましたが、近年ではセルライト改善にも効果があることが分かってきました。
セルライトと脂肪吸引はそれぞれ関わりあっていますが、脂肪吸引を用いることでセルライトを劇的に改善できるというわけではありません。セルライト改善の方法は別にありますので、気になる方はそちらの施術を試してみると良いでしょう。